大人になって歯並びの悪さ放置は良くないかも?歯医者での治療の流れも紹介

>

悪い歯並びの種類を押さえて自分の歯の状態確認に繋げましょう

先天的な原因の場合

歯並びが悪い状態の原因は、先天性によるケースはあります。ヒトが生まれた時に声や顔立ちなどの遺伝はしますが、歯並びの良し悪しも例外ではありません。遺伝が原因のケースは、両親のいずれかが顎の大きさが小さい場合や、叢生や上顎前突のような症状を抱えている可能性が高いです。

両親が日頃から虫歯や歯周病を放置したり、喫煙習慣がある人、ストレス耐性が低い人などであれば、お子さんに何かしらの症状が出る可能性はあります。また、インスタントや柔らかい食べ物を好むだけでなく、食事で良く噛まない場合も症状を出やすくしかねません。

歯並びの悪さが先天的な原因であれば、自分では防げないことも多いです。とはいえ、見た目以外に健康面でもマイナスが生じかねません。できるだけ早い時期に歯科治療を受けるようにしましょう。

幼少期の生活習慣で悪くなったかも

歯並びが悪い状態は、遺伝のような先天的なケースもありますが、幼少期の生活習慣によっても起こりやすくします。

例えば、指しゃぶりは指が上下の歯の間に挟まった状態が続いてしまい、前歯が前方に出やすくします。爪噛みも歯が前に倒れたり、歯と歯の間に隙間が出るようです。口呼吸を良くしていた人も常に口が開いた状態なので、叢生や開咬のような症状を出やすくします。その他、食事の際に横向きや肘をついて食べるなど、姿勢が悪い状態を良くしていた場合も、顎の骨が弱くなり歯並びが悪くなる傾向にあります。

しかし、大人でも歯医者で矯正治療をすれば概ね改善されます。治療が完了するのは年単位になるかもしれませんが、得られることは多いです。また、子育てをする場合にも各種情報は役立ちます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ